贈る理由

取引先の移転祝いで胡蝶蘭が活躍する理由は、縁起のよい花言葉があるからです。また、相手に贈ったときに楽しんでもらいやすいのが魅力だと言えます。

まず、胡蝶蘭の花言葉を見てみましょう。「幸福が飛んでくる」という意味があります。取引先にとって、移転祝いは事業のステップアップが目的となるケースが多いです。そのため、さらに幸福が舞い込んでくるようにという想いを伝えられる花だと言えます。特に、白い胡蝶蘭は華やかな雰囲気で、さまざまなお祝いのシチュエーションに似合う花です。

現実的な面でも胡蝶蘭は重宝する花です。ニオイがせず、特別な手入れも必要ありません。どのような業種のお店や事務所でも置いておきやすく、忙しくて手入れができなくても花がすぐに枯れてしまう心配もないです。少なくても1か月は咲き続けるうえ、3か月以上持つケースもあります。他の花と比べ、長持ちしやすいことも魅力でしょう。

胡蝶蘭がお祝いで使われるようになってから、まだ10年か15年くらいだと言われています。しかし、今までのお祝いの定番だった花輪や花かごから、少しずつ移転祝いの常識が変化していることも事実です。これからお祝いを贈るときは胡蝶蘭を選ぶことをおすすめします。

参考HP《お祝い向け胡蝶蘭を扱っている通販サイト – ORCHID STYLE
価格や色、本数から胡蝶蘭を選べます。