胡蝶蘭でお祝い

胡蝶蘭はお祝いの定番になりました。たとえば、取引先が移転したときに贈る人も多いでしょう。当サイトでは、価格相場や贈る時期、贈る理由をご紹介します。

取引先に贈るとき、気になるのは価格相場かもしれません。恥ずかしくない胡蝶蘭の金額は3万円前後です。金額によって花の数が変わるため、大事な取引先に贈るなら5万円のものでもよいと思います。ただし、法人と個人では少し金額が異なるため、相手が恐縮しない程度にしてください。

移転祝い当日はお祝いを贈るのに最適な時期です。ただし、業務開始日だと取引先の相手が忙しい可能性もあるため、あえて前日か翌日にするケースもあります。相手に失礼がないよう、なるべく移転から2週間以内にお祝いを贈るようにしましょう。

なぜ、胡蝶蘭がお祝いにふさわしいのでしょうか。その理由は、「幸福が飛んでくる」という花言葉があるからです。さらに、現実的に見ると花が長持ちしやすく、枯れにくい特徴があります。また、特徴的なニオイもないため、相手の職種を選ばずに贈ることができるのもおすすめの理由です。まだ胡蝶蘭をお祝いに贈るのが主流になってから10年程度ですが、今後は胡蝶蘭を贈るのがもっと一般的になると思います。

お祝いの胡蝶蘭は、取引先に対する想いの表れです。できるだけ恥ずかしくないものを、贈るべき時期に届けたい人が多いと思います。ぜひ、当サイトがお送りする胡蝶蘭とお祝いに関する情報をご活用ください。