贈る理由

取引先の移転祝いで胡蝶蘭が活躍する理由は、縁起のよい花言葉があるからです。また、相手に贈ったときに楽しんでもらいやすいのが魅力だと言えます。

まず、胡蝶蘭の花言葉を見てみましょう。「幸福が飛んでくる」という意味があります。取引先にとって、移転祝いは事業のステップアップが目的となるケースが多いです。そのため、さらに幸福が舞い込んでくるようにという想いを伝えられる花だと言えます。特に、白い胡蝶蘭は華やかな雰囲気で、さまざまなお祝いのシチュエーションに似合う花です。

現実的な面でも胡蝶蘭は重宝する花です。ニオイがせず、特別な手入れも必要ありません。どのような業種のお店や事務所でも置いておきやすく、忙しくて手入れができなくても花がすぐに枯れてしまう心配もないです。少なくても1か月は咲き続けるうえ、3か月以上持つケースもあります。他の花と比べ、長持ちしやすいことも魅力でしょう。

胡蝶蘭がお祝いで使われるようになってから、まだ10年か15年くらいだと言われています。しかし、今までのお祝いの定番だった花輪や花かごから、少しずつ移転祝いの常識が変化していることも事実です。これからお祝いを贈るときは胡蝶蘭を選ぶことをおすすめします。

参考HP《お祝い向け胡蝶蘭を扱っている通販サイト – ORCHID STYLE
価格や色、本数から胡蝶蘭を選べます。

贈る時期

胡蝶蘭を贈るべきタイミングは業務開始日の当日が最適です。新たな門出をお祝いするのにふさわしいと思います。しかし、特に相手が法人の場合、あえて業務開始日の当日を避けるケースも少なくありません。その理由は、移転が終わって業務が開始し、これから忙しくなるであろう取引先への配慮のためです。

事務所の移転日を大安に設定する会社は多いですが、その前日となると仏滅になってしまいます。移転祝いを贈るとき、六曜を気にしてお祝いの品を贈るのを躊躇してしまう人もいるかもしれません。受け取る相手に一報入れておけばよいですが、どうしても気になる場合は当日の午前中に贈れば問題ないでしょう。なお、移転前日に贈るのとは反対に翌日に届くようにするケースもあるようです。

もし、取引先が移転直後にお祝いを届けることができなかったら、生花を贈るべきか一度検討しましょう。もし、移転後2週間以上経過してしまった場合、胡蝶蘭よりも現金や物品を選んで贈るのが一般的です。ただし、あまりに時間が経ってしまうこと自体、好ましいことではありません。

取引先に対して失礼がないよう、お祝いを贈る時期を考えることは大切です。基本的には移転当日または直前・直後のどちらかに胡蝶蘭を贈れば、相手から変な印象を持たれる心配はありません。

価格相場

法人の取引先の移転祝いに贈る胡蝶蘭の価格相場は、2万円から3万円が一般的です。ただし、最大5万円のものを贈る人もいます。価格差によって変わるのは胡蝶蘭の輪数です。

3万円の胡蝶蘭を例に挙げてみましょう。胡蝶蘭3本立ちの場合、1本あたり16輪前後、全体で50輪程度の花が付いています。5本立ちの場合、1本あたり10輪前後、全体で48輪程度の花が付いていると考えられます。

仮に2万円で3本立ちの胡蝶蘭だと、1本あたり12輪程度の花が付いています。36輪になるので、3万円の胡蝶蘭を贈った他の会社と比較すると、少し見栄えの面で寂しい印象を与えるかもしれません。取引先との関係性を考えたとき、3万円の胡蝶蘭を贈るほうが好印象を持たれやすいはずです。

取引先に好印象を与えるため、グレードをアップさせることもできます。相場の平均価格よりも大きくなりますが、5万円程度の胡蝶蘭を用意する人もいるようです。取引先との取引規模によっては、これくらいのものを贈るのもひとつの手でしょう。大事な取引先に対し、他社以上にお祝いの気持ちを伝えられる手段かもしれません。

取引先が個人事業主の場合、少し価格帯を下げた胡蝶蘭でもよさそうです。だいたい2~3万円程度の範囲が目安とされています。過度に高額な胡蝶蘭を贈ると、相手が恐縮することもあると思います。取引規模との兼ね合いを考えながらお祝いを贈りましょう。

胡蝶蘭でお祝い

胡蝶蘭はお祝いの定番になりました。たとえば、取引先が移転したときに贈る人も多いでしょう。当サイトでは、価格相場や贈る時期、贈る理由をご紹介します。

取引先に贈るとき、気になるのは価格相場かもしれません。恥ずかしくない胡蝶蘭の金額は3万円前後です。金額によって花の数が変わるため、大事な取引先に贈るなら5万円のものでもよいと思います。ただし、法人と個人では少し金額が異なるため、相手が恐縮しない程度にしてください。

移転祝い当日はお祝いを贈るのに最適な時期です。ただし、業務開始日だと取引先の相手が忙しい可能性もあるため、あえて前日か翌日にするケースもあります。相手に失礼がないよう、なるべく移転から2週間以内にお祝いを贈るようにしましょう。

なぜ、胡蝶蘭がお祝いにふさわしいのでしょうか。その理由は、「幸福が飛んでくる」という花言葉があるからです。さらに、現実的に見ると花が長持ちしやすく、枯れにくい特徴があります。また、特徴的なニオイもないため、相手の職種を選ばずに贈ることができるのもおすすめの理由です。まだ胡蝶蘭をお祝いに贈るのが主流になってから10年程度ですが、今後は胡蝶蘭を贈るのがもっと一般的になると思います。

お祝いの胡蝶蘭は、取引先に対する想いの表れです。できるだけ恥ずかしくないものを、贈るべき時期に届けたい人が多いと思います。ぜひ、当サイトがお送りする胡蝶蘭とお祝いに関する情報をご活用ください。